顔やせダイエットで小顔になる方法
顔やせダイエットで小顔になる方法どんなにナイス・バディで、ファッションもかっこよく決めてみても、
やっぱり《顔が大きい》と損ですね!

顔が大きいと、よほど手足が長く、背が高くない限り、
全体的にアンバランスなプロポーションになり、
スタイルも悪く見えてしまいがちになります。

それに顔は、良くも悪くも第一印象を決めてしまう場所。
人間の体の中で一番気になる部分といえるでしょう。
【小顔】=【美人】とは限りませんが、
小顔になることで、目はパッチリ、鼻筋もくっきり、口元もきゅっと引き締まって、
それぞれのパーツが強調され魅力的になる・・・
そうです!
今よりずっとかわいい、キレイな顔立ちになれるはずです。

でも顔やせダイエットの方法っていろいろありすぎて、
何を実行したら効果があるんだろう・・・と迷ってるアナタ。

まずは、アナタの顔太りのタイプをチェックしてみましょう。

【顔が大きい】=【顔が太ってる】=【顔太り】といわれるタイプは大きく分けて次の5種類。
脂肪太り顔、むくみ太り顔、固太り顔、筋肉たるみ太り顔、骨格ゆがみ太り顔。

自分の顔太りタイプにぴったり合った、
最も効果的な顔やせ対処法を実践してみましょう!

顔やせダイエットで小顔になる方法でも顔太りのタイプは厳密ではなく、
いろいろな要素が混合されていることも少なくないので、
(例えば脂肪太りにはむくみも伴っているなど)
マッサージや体操など何でも実践してみるのもいいでしょう。
これらを組み合わせることによって、相乗効果が期待できるからです。

でもやりすぎは厳禁です!
顔の皮膚はデリケート。マッサージのし過ぎで肌を痛めてしまったり、
筋肉疲労を起こすほど小顔体操を続けたりすれば、
逆効果になってしまうこともあるからです。

小顔美人になるための顔やせダイエットは、一度に回数を多くこなしたり、長時間行うことよりも、
毎日少しづつ継続して行うことが成功のポイントです。

朝起きて顔を洗うことや、夜寝る前に歯を磨くことと同じように、
毎日の習慣にしてしまうと楽に続けられるでしょう。
そのためにも簡単にしかも短時間でできる方法が最適なんです。

ここで紹介している顔やせダイエットで小顔美人になる方法のうち、
あなたにピッタリあった対処法を見つけて、毎日少しづつ続けていれば、
半年もしないうちに変化がはっきりとわかるはずです。

マッサージなどは即効性があり、1日でもサボるとすぐに違いに気づくものですが、
逆に言えば、毎日続けないと効果がでなくなるといえます。
そしてこの顔やせダイエットは、続けることで小顔づくりに役に立つだけでなく、
魅力的な笑顔、輝くような美肌も同時に獲得できるんですょ!

さあ、アナタも早速今日から楽しく実行して、
キラキラの笑顔が似合うかわいい小顔を手に入れましょう!

顔やせ・タイプ別対処法

むくみ太りタイプ
顔やせダイエットで小顔になる方法

血行が悪かったり、リンパの流れが滞ることで、
老廃物や水分が排出されず、顔にむくみが生じることが原因。

水分代謝を促す効果のあるカリウムを多く含む食品(バナナ、アボカド、キュウリなど)や、食物繊維を多く含んだ食品(きのこ類、海草類など)を取り入れて新陳代謝を活発にしましょう。
同時に塩分をひかえたり、添加物の多い食品を避けることも大切です。
顔だけでなく全身の血行をよくすることも大切なので、
半身浴や足湯、首を蒸しタオルであたためるなど、冷え性を改善することです。

【むくみ】を放置すると余分な脂肪がつきやすくなったり、【たるみ】にもつながるので、リンパマッサージで、むくみをためないことが大切です。

脂肪太りタイプ
顔やせダイエットで小顔になる方法

顔に余分な脂肪がついて太くなっている状態。
顔だけでなく、全身に脂肪がつきすぎて太っている場合は、カロリーコントロールやエクササイズ・運動などでやせることで、顔についた余分な脂肪も落ちてくるでしょう。
でも顔だけが太っている場合は、カロリーコントロールダイエットで体重を落としても、顔やせ効果はあまり期待できないでしょう。それだけでなく体重を落とす必要がないのに、無理なダイエットは危険です。

このタイプは【むくみ】を放置することによって、余分な脂肪が定着してしまった状態なので、【むくみ】を解消するリンパマッサージを 行って、水分代謝を活発にしながら、余分な脂肪を燃焼させる小顔エクササイズが効果的。さらに、血行をよくして、脂肪分解を促進させる食品(しょうが、に んにく、唐辛子など)を積極的に取り入れましょう。

たるみ太りタイプ
顔やせダイエットで小顔になる方法
顔にはたくさんの表情筋がありますが、普段使われるのは極わずか。
意識して表情筋を使わないでいると、若くても筋力が衰えてたるみが生じてきます。

頬のたるみを放置してると法令線(ほうれい線)が目立ってきて、いわゆるブルドッグ顔になってしまいます。

コラーゲンの多い食品(鶏の皮、骨のスープ、軟骨、ゼラチンなど)やビタミン類を補給して肌に弾力を保持するように内側からケアすることも大事ですが、顔の筋肉にハリをもたせるストレッチ、エクササイズ、小顔体操などで表情筋を鍛えると効果的。

固太りタイプ
顔やせダイエットで小顔になる方法
歯を強く噛みしめる癖があったり、歯ぎしりをする人は、えらの部分の筋肉が固く大きく張ってきて、顔の輪郭も大きくります。
普段から肩の力を抜き、リラックスすることを心がけましょう。
ストレスは早めに解消してためないことです。

筋肉をほぐすストレッチやマッサージ、ツボ押しをして凝りをほぐすと効果的です。
表情筋を鍛えるストレッチやエクササイズで、顔全体の筋肉をやわらかくしましょう。

骨格ゆがみタイプ

ほとんどの人が左右非対称の顔をしているといわれます。
鏡を見て、目や眉の高さ、鼻筋がまっすぐか、口角の高さが左右同じか、チェックしてみましょう。
どちらかの頬が太って見えるということもあるでしょう。
顔のゆがみは体全体、背骨や骨盤のゆがみからくることも多いので、骨盤の歪みを矯正することも大切です。
足を組んだり、横座りはやめて、背筋を伸ばし姿勢をよくすると同時に、頬杖をついたり、食べ物を一方の側だけで噛むのをやめたりすることで、普段から歪みをつけない心がけが大事です。

骨盤矯正体操で体全体の歪みを直したり、顔の骨格矯正ストレッチを行いましょう。
でもあまりひどい場合は専門家にみてもらったほうがいいでしょう。

顔やせダイエットで小顔美人