sb10066193-034.JPG
夜寝る前に水分を摂り過ぎたりすると
翌朝、まぶたがはれぼったくむくんでいたりすることがあります。

また目の周りの皮膚は顔の中でも特に薄いので
加齢とともにたるみやすい部分でもあります。

意識的にまぶたの表情筋を鍛えて
たるませないようにすることがたいせつですね。
そして【たるみ】をとることで、【シワ】も予防できます。

まぶたが重いと目も小さく見えてしまうので
顔の印象もすっきりしません。
まぶたの筋肉を鍛えて、ぱっちりとした目にすれば
パーツが引き立って【小顔】に見えるようになります。

この上まぶたの表情筋ストレッチも
動きは【ゆっくり】と、そして【ストレッチする部分に意識を集中させて行う】のがポイントです。


◆小顔ストレッチ・上まぶたのたるみやシワをとって目をパッチリさせる

小顔ストレッチ・上まぶたのたるみ・しわをとる


1.
5秒数えながら、ゆっくりと上まぶたを下げ、
薄目を開けた状態にします。

この時、上まぶたの筋肉に意識を集中させます。
小顔ストレッチ・上まぶたのたるみ・しわをとる


2.
次に、薄めの状態のままゆっくり5つ数えながら、
今度は眉をできる限り上に引き上げます。

このままの状態で、さらに5つ数えて静止します。

上まぶたに意識を集中させましょう。
小顔ストレッチ・上まぶたのたるみ・しわをとる


3.
ゆっくりと元の自然な表情に戻します。
   ↓
   ↓
   
   ↓
   ↓
   
   ↓
   ↓
   ↓

これを3回ほど繰り返しましょう。


sb10066193-034.JPG