小顔ストレッチ・頬の筋肉を引き締める
顔の【たるみ】を引き締めると、小顔になるだけでなく、
シワも目立たなくなり、肌もいきいきしてきます。

ところで顔の【たるみ】や【しわ】は、頭皮の状態と大きくかかわっています。

頭皮と顔の皮膚とはつながっているので、頭皮が硬くなり、緊張した状態が続くと、当然顔の皮膚や筋肉にも影響を及ぼしてくるからです。

日頃から、頭をやわらかくして緊張を取り除くことが大切です。
そうすれば小顔の大敵【たるみ】や【しわ】も予防できます。

頭が硬いな・・・と思ったら指の腹でマッサージして血行を促しましょう。
頭のてっぺんにある、百会(ひゃくえ)というツボを押して刺激するのもいいでしょう。
頭だけでなく、全身の血行も促進されて、すっきりします。

小顔になる体操は、一度にたくさん行うよりも
毎日少しづつでも続けていくことで効果が現れます。
小顔ストレッチで頬のたるみをすっきり引き締めましょう。


◆小顔ストレッチ・頬の筋肉に刺激を与えて引き締める

小顔ストレッチ・頬の筋肉を引き締める


1.
ほおに手を密着させて
ゆっくりとできるだけ下に筋肉を引っ張ります。


小顔ストレッチ・頬の筋肉を引き締める

2.
次に手を密着したまま
頬の筋肉を上にきゅっと持ち上げます。

この小顔ストレッチは筋肉をいったん緩めた状態で
上にきゅっと持ち上げることで
筋肉に刺激を与え頬を引き締めます。

必ず、手を頬に密着して行なうことがポイントです。

筋肉をいったん緩めてから緊張を与えて頬が引き締まるようなイメージで、頬に刺激を与えましょう。

簡単なので、いつでもどこでもできる顔やせ方法です。
一度にたくさんする必要はないので、1日数回毎日続けましょう。


◆小顔ストレッチ・口角を上げてほうれい線を目立たなくする

これは、口元から頬にかけての笑筋(しょうきん)を鍛えて、頬をすっきり引き締める小顔ストレッチです。
下がった口角を引き上げる効果や、ほうれい線(法令線)を目立たなくする効果もあります。

このストレッチのポイントは、ゆっくり行うこと。
頬がピクピクするくらい、筋肉に刺激を与えましょう。

小顔ストレッチ・頬の筋肉を引き締める

1.
口を閉じた状態で口角をゆっくりと
外側に上げていき、笑顔をつくります。

奥歯のほうに力を入れて、そのまま10秒数えます。

頬の筋肉が持ち上がって引き締まっていくような感覚を意識しましょう。


2.
5秒かけてゆっくり元の表情に戻します。
   ↓
  
5回くらい繰り返しましょう。

小顔ストレッチ・頬の筋肉を引き締める