小顔リンパマッサージでむくみ解消
美容の大敵【むくみ】はなぜ起こるのか?

アナタは朝起きた時、まぶたが重く目がはれぼったいな~と感じることがありますか?

そんなときはたいてい目だけでなく、顔全体がむくんでいることが多いものですね。

このようなむくみは前日、夜眠る前に水分を取りすぎたりして起こることはよく知られていますが、生理の前後などホルモンの状態の変化が起こると、たとえ水分を控えても体が水分を溜め込もうと働くので、水分摂取にかかわらずむくみやすくなります。

生理が原因で起こるむくみは、生理が始まりホルモンの状態が変化することで自然とよくなるものですが、問題は余分な水分や老廃物が停滞してうまく排出されず、体にたまってしまう【むくみ】です。

【むくみ】をそのまま放置しておくと、代謝が悪くなって余分な【脂肪】がつきやすくなります。

余分な脂肪がついてくると
今度は重力、その他の要因で【たるみ】が生じてきます。
この【たるみ】は、【しわ】の原因にもなりますね。

むくみが起こったらすばやく解消することが、これら一連の悪連鎖を食い止める鍵となりそうですね。

そこで、【むくみ】と大きく関わりのある【リンパ】についてみてみましょう。

リンパとは?

小顔リンパマッサージでむくみ解消私たちの体の約70%は水分でできているといわれています。(血液や細胞、リンパ液など)
リンパ管は、内臓や皮膚をはじめ、体内に網の目のように分布していて、リンパ液はリンパ管の中を通る液体で、リンパ節は、リンパ管が集中する中継地点になっているところです。
リンパ節は全身に700以上あるといわれています。

リンパは静脈と平行していて、静脈に取り込まれなかったあふれた老廃物を運搬する働きをします。
そして老廃物をきれいにしながら再び静脈に戻す働きをします。

さらにリンパ節は、フィルターとなって老廃物や細菌をカバーして、体を守る免疫機能も持っています。

リンパが滞ると、リンパ管が通れない体液が細胞の隙間にたまって、体内に余分な水分を溜め込みます。

これが【むくみ】の原因になります。

リンパが滞ると、体内に細菌・老廃物など毒素もたまるので、風邪を引きやすくしたり、肌荒れなども起こります。
さらに、老廃物の中には疲労物質も含まれるので、肩こりや疲れ、だるくなるなどの症状も起こりやすくなります。

リンパの流れが悪くなる原因

小顔リンパマッサージでむくみ解消リンパ液には、心臓のようなポンプの働きをしてくれるものがないため、非常にゆっくりとした動きで一方向に向かって流れています。
ポンプにかわって筋肉の動きや運動が、このリンパの流れを作るので、運動不足になるとリンパ管に圧力がかからなくなるため、流れが悪くなるわけです。

さらに、冷え性・低体温が血液の循環を悪くしたり、ストレスによっても血管の収縮や筋肉の緊張が起こるので、当然リンパの流れも悪くなります。

そのほか、食事面での塩分のとりすぎ、加齢によってもリンパの流れは悪くなります。

この滞りがちなリンパの流れをスムーズにするには、
内側からは体を動かすこと、
そして外からはリンパマッサージがとっても効果的といわれています。

正常にリンパが働けば、余分な水分や老廃物がスムーズに排出されるので、
むくみが起こりにくくなるだけでなく、
体の調子もよくなり、お肌の状態もよくなります。

このように美肌とキレイな小顔になるためには、【むくみ】をためないことが重要なんです。リンパマッサージを毎日行って、小顔と美肌を手に入れましょう。
小顔と美肌のリンパマッサージへ

小顔リンパマッサージでむくみ解消

Page 7 of 7